« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

猫の恩返し?

昨日、玄関の前で鳥が死んでいた。

スズメよりは大きく、ハトよりは小さい。ツバメかな・・・?

外傷はなく、玄関の前で仰向けに倒れていた。

朝、出かける時は何もなかったのに、
夕方暗くなってから帰宅すると家の前に鳥が死んでいた。
すごく驚いた!!
その時の衝撃で買い物袋に入っていた卵が割れちゃった。
10個のうち6個も割っちゃったよ。

なんで家の前に鳥が死んでるの?

考えられることと言えば・・

  1. 病気でたまたま家の前で死んだ
  2. 飛んでいて家の壁に激突して死んだ
  3. 猫の仕業
  4. 誰かの嫌がらせ

どれも可能性はあるけど、多分3番目の猫の仕業じゃないかと思う。

我家には不定期に通ってくる野良猫“ドンサ”(←名前)がいる。

昨日の朝、家に来てゴハンをあげた。
謙虚な猫だから、毎日は来ない。
家に来た時はミルのゴハンを分けてあげているから、きっと、そのお礼として鳥を持ってきたんじゃないかと思う。

なんて律儀な猫なんだろう・・・

私達の勝手な解釈だけど、“ドンサ”が日頃ゴハンを貰っているお礼として、鳥を捕まえてきたんじゃないかって思う。

ありがたく気持ちだけは受け取って・・・
死んだ鳥どうすればいいのー!!

つい先日、我家では巨大蜘蛛出没事件があったばかり。
今度は鳥の死体ですか・・・。トホホだよ・・。
処分に困るー!!!

近づくのも怖いし、頼れるはずのダンナ様は「俺も怖いから見たくない。帰宅するまでに処分しといて」なんて言っちゃって。せっかくドンサがお礼の鳥を届けたのに見るのもヤダって、そんなの失礼じゃん!

私だって怖いよー!!

暗闇の中、キャーキャー言いながら死んだ鳥と格闘。

そしたら、お隣さん出てきて助けてくれた!!
お隣のだんな様は鳥の死体なんてへっちゃらみたいで、遠くへ埋めに行ってくれた。たのもしい!!ありがとう。

もうこれ以上珍事件が発生しませんように・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

中和係

ソフトコンタクトレンズを使ってる人なら中和の意味はわかると思う。

我家は二人ともコンタクトレンズを使っている。
毎日消毒しなければならない。それがかなり面倒!!

今までは、毎日のコンタクトレンズのケアでチバビジョン㈱の“AOセプト”を愛用していた。
これは、夜にコンタクトレンズを外し、消毒液に浸けて朝まで置いておけばいいだけ。こすり荒いの必要もなく、ワンステップで済むから手間もかからず愛用していたのに、生産トラブルで販売が中止されてしまった。販売再開されるまでは、他社製品を使うしかない。
“AOセプト”の販売が中止されてから約半年??毎日不便な思いをしている。

それで、仕方なくコンセプトFを使うことにした。この製品を選んだのは次の3点が理由。

  1. 以前に使ったことがある
  2. こすり洗いの必要がない
  3. 値段が安い

けど、ケアが2ステップだからとても面倒・・・。消毒液に10分以上浸け→中和液に2時間浸けなければならない。使ったことが無い人には、そんなに面倒には思えないかもしれないけど、毎日のお手入れとして実際に使ってみると、これがかなりの手間になる。

消毒液に浸けるまではいいんだけど、10分後に中和液に浸けるのがとても面倒に感じる。
中和を忘れて寝ちゃった日には翌日コンタクトレンズを入れて出勤できない。だから、消毒液に浸けてから10分間は「中和を絶対忘れちゃいけない」ってハラハラ緊張の10分間を過ごさなくちゃならない。これはかなりのストレスになる。

自分の中和だけならまだいいんだけど、いつもダンナは消毒液に浸けた後、中和するのを忘れて寝てしまう。朝コンタクトレンズを入れられなかったら仕事に行けなくなってしまうから、私が毎晩中和してあるかチェックしている。
たいてい毎日中和をしないで寝てしまっているから、私が二人分の中和を行う。ただでさえ面倒なことなのに、二人分中和ってかなり面倒な作業になる。それに、「中和を絶対忘れたらいけない」って緊張の10分間も二人分となると、ストレスも倍増。

だから、「お互いに自分のことは自分で責任もって中和しよう」ってダンナに提案した。それなのに私のことを「俺には中和係がいるから安心だよ!」なんて言ってきた!頭にくるより先に「中和係」って響きに爆笑。ゴロがいいって言うか、「中和係」って響きがツボにはまった(笑)

だから、その日以来「中和係」に任命されてしまい、毎晩二人分の中和を行うことになってしまった。

なるべく自分の中和は自分でして欲しいんだけど・・・

早く“AOセプト”の販売を再開してほしい!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

木更津散策

幼なじみのお友達のお家に招待されて行ってきた。

子供の頃はお互いの実家が徒歩5分の距離にあったから、よく遊んだ。

今はダンナ様の転勤で千葉県木更津市に住んでいる。少し遠いけど、日帰りできる距離だから遊びに行ってきた。

横浜駅から木更津駅まで、高速バスを利用した。電車で行くと2時間位かかるけど、高速バスを利用すると、アクアラインを通って約50分で木更津駅まで行くことが出来る。早い!!アクアラインの海底トンネルを抜けると、もうそこは千葉県木更津市。景色が一変して、のどかな雰囲気になる。遠浅の海が広がり、潮干狩をしている人が沢山いる。ワープしたみたいで感動した。

オシャレで料理好きなお友達なので、素敵な部屋・・センスが良い!さりげなくオブジェも凝っていて、とても居心地が良かった。おもてなし料理もご馳走になった。最近、圧力鍋を買ったとかで、ビーフシチューを仕込んでくれていた。ライスも白米じゃなくて、サフランライスとなにげに凝っている。サラダのドレッシングもリンゴを摩り下ろして作ってくれたオリジナルだった。とっても美味しくて感動・・おもてなしの気持ちが伝わってきてとっても嬉しかったよ~!!

今まで二人で会う時は、横浜駅でお茶したり・・ショッピングしたり・・だったけど、木更津駅周辺はショッピングしたりする様なお店はない。だから、今回は自転車散策することにした。イイ女(笑)が二人で自転車乗ってる姿ってかなり笑える。

目的もなくブラブラ自転車に乗って、散策・・・

  • 中の島大橋
    高さ25m、長さ236m、日本一高い歩道橋へ行った。上るの大変だけど、景色は最高!!東京湾から対岸の京浜地区、遠く富士山も望むことができる。
  • 大田山公園の「きみさらずタワー」
    大田山公園の山頂に建つ高さ28mのタワー。
    ここからの眺めも格別で、市内はもちろん、東京湾を一望することができる。

知らない土地を散策するのは楽しい。何より子供の頃に戻ったみたいで、幼なじみと自転車散策したことが、とっても楽しかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

私とミル

最近、涙を流すことってあまりない。

映画やドラマで感動することがあっても、ジワっと涙がにじむくらいで、涙が止まらないくらいボロボロ泣くことは無い。

でも、この前“キミとボク”を見て、すごく泣いた。半端じゃないくらい涙が出た。子供の時は息が「ヒックヒック」なるくらい泣いたもんだけど、そんな感じで、涙も鼻水も止まらない、呼吸がひっくヒックなるくらい大泣きした。

キミとボク”はインターネットで配信しているグラフィック→アニメーションで、内容は猫の視点で作られた物語になっている。その内容が“私とミル”にダブってしまい、涙が止まらなくなった。“キミとボク”は“私とミル”の物語でもある。流れる音楽で感動が倍増させられる。何度見ても泣ける作品だ。

リンク先のHP右上にある猫の絵をクリックすると、“キミとボク”を見ることができる。猫好きな人には是非見てもらいたい作品だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

巨大蜘蛛出現!!

Photo 5月21日午前7時半 部屋の壁に現る。

全長10cm強(推測)

手足を広げると、大人の手のひらサイズの巨大蜘蛛

「なんじゃこりゃー!!」

我家は朝から大騒ぎ!!

大きすぎて潰すことも出来ない!!

このままほっとくこともできない!!

近づくのも怖いから、3m位離れた所から、“ゴキジェット”噴射!!

すばやくこっちに向かって来る!!

「ギャー!!」

噴射し続けて反撃!!

巨大蜘蛛は壁から落ちて撃沈。

落ちた時「ボトっ」って音がした。

蜘蛛は殺したらいけないって言うけど、仕方がない。

あんな巨大蜘蛛と共同生活するなんて考えられないし、家から追い払う勇気もないから、“ゴキジェット”で退治した。

ダンナは「こんな巨大蜘蛛は見たことがない!!タランチュラとか毒蜘蛛かもしれないから、市役所か警察に通報して!!」って言った。

けど、インターネットで調べたら、“アシダカグモ”という名前で、人間に害はないことが分かった。日本各地で生息している蜘蛛で、屋根裏や軒下で生息している。
一軒家ではよく出没する。って書きこみがされていた。

こういう緊急事態の時はンターネットが活躍する。家に虫図鑑が無くても、簡単に蜘蛛の種類を調べることが出来る。

通報する前に、インターネットで調べたから良かったけど、あわてて110番していたら、とんだ恥をかくところだった(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

彫刻の森美術館

06051613cimg0987_1 箱根の彫刻の森美術館へ行ってきた。

箱根の山々を望む広大なスペースに、屋外彫刻が展示された野外美術館。お気に入りの作品をじっくり眺めたり散策気分でのんびり歩いたり、思い思いに芸術とふれあうことができる。

敷地は広く、一日のんびり過ごすことができる。

美術館は大満足の内容だったけど、悪かった点が二つある。

  • 一つ目は食事
    お昼は、館内にある「ベラフォレスタ」というビュッフェスタイルのお店に入った。1680円で食べ放題、飲み放題!けど、はっきり言ってお勧めはできない。見た目はいいんだけど、味がちょっと・・・観光地で気分が盛り上がっている時に、食事が美味しくないと、一気にテンション下がる。
  • 二つ目は駐車場代
    駐車場代が普通自動車で500円かかる。
    入館料を払うんだから、駐車場代は別で取らないで欲しい。都会ならまだしも、山奥で駐車場代をとられた日にはテンション下がる。

けど、美術館は大満足の内容だったから、悪かった点を差し引きしても満足できた一日だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

謙虚なネコ

06051308cimg0981 名前は“ドンサ”

ダンナが命名しました。
名前の由来は不明・・・。

不定期に我が家にやってくる野良です。

今朝、雨戸を開けたら家の前にうずくまっていました。

久しぶりの訪問です。

痩せたみたい・・・。

ミルのゴハンを分けてあげた。

“どんさ”はゴハンを残さず食べる。泣きわめかないし、イタズラもしない。

馴れ馴れしくもならないし、謙虚。

とてもお行儀がいい野良ネコです。

普通の野良猫は、一度ゴハンをあげると毎日通ってきて、ゴハンをねだったりするのに、“ドンサ”はそんなずうずうしい事はしない。

だから、遠慮しているのか、我が家にやってくるのも不定期。

今朝、久しぶりに会ったけど、痩せていた。他で食べ物のあてがなくてよっぽど困っていたんだろう・・・。

本当は野良猫にはゴハンあげたらダメなんだけど、

ダンナ曰く、「“ドンサ”は特別なんだ」そうです。

ドンサは満足して、また放浪に出かけて行きました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

夜鳴きの効果

ミルの夜鳴き対策の結果です。

昨日の夜、猫じゃらしで遊んであげてから就寝・・・。
そしたら夜鳴きをしなかった。

効果あったのかな!?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

夜鳴き

06042122cimg0934_1 3日位前からミル(猫)の夜鳴きが始まった。

冬の間は朝も夜もずーっと寝ているからおとなしくていい。
具合悪いんじゃないかって心配になるくらいおとなしい。

けど、毎年この時期になると夜鳴きが始まる。
夜中2時とか朝方4時とか切ない声で鳴き続ける

「にゃ~ にゃ~ ニャぉ~ン」

熟睡していても、ミルが顔面に接近して、鼻息かけたりするから起きちゃう。

寝ぼけ眼で起き上がると、ミルは遊んでもらえるものだと思って超ハッスル!!

真夜中に走り回って、捕まえようとしても、鬼ごっこを楽しんでいるかのように逃げ回る。
しばらく遊んであげると満足して、おとなしくなる。

毎日、こんなことが続くと寝不足でたまらない。

インターネットで「猫の夜鳴き」を調べたら、こんなことが書いてあった。

「昼間、もしくはお勤めしている方であれば、帰って来てから就寝までの間に充分遊んであげていますか?人間の子供だって、昼間に寝過ぎたり、体力が有り余っていると、夜なかなか寝ずにむずがるというではありませんか。遊んで適度に疲れさせてあげましょう。」

なるほど!!

今日、早速試してみよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

東京散策

昨日、東京を散策してきました。

散策コース

  • 両国駅10時半出発
        ↓
  • 両国国技館
        ↓
  • 旧安田庭園
        ↓
  • 横網公園
        ↓
  • 吉良邸跡地
        ↓
  • 「深川めし みやこ」で昼食
        ↓
  • 清澄庭園
        ↓
  • 深川不動尊
        ↓
  • 富岡八幡宮
        ↓
  • 門前仲町駅15時到着。

歩いて、歩いて、歩きまくって疲れました。

旧安田庭園にかわいい猫ちゃんが居ました。
とても人懐っこくて、話しかけると寄ってきます!
野良猫なのに太ってました。
愛想がいいから誰かにゴハンもらってるのかな?

06050511cimg0969_1

06050511cimg0967

06050511cimg0965_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

ケムシ攻撃

今日は大磯のハイキングコースに行ってきた。

大磯駅から高麗山、湘南平と続く丘陵地帯の豊かな自然を満喫してきた。

総延長約6.6km、所要時間約2時間

ハイキングコースは本にも載ってるし、インターネットでも調べることができる。

けど、実際に歩いてみると、大磯駅から高麗山への道順を知らせる看板がなくて迷った。

普通、観光地だと親切に矢印の看板出ているものだけど・・・

大磯は不親切!!駅前に観光案内の小さな事務所はあったけど、置いてあった地図も分かりづらくて迷っちゃった。

それでも何とか高麗山の入り口にたどり着いた。

山へ入れば、道順は出ていたから安心した。

高麗山の頂上に広場があって、ちょうどテーブルと椅子の所が木陰になっていたから、そこでコンビニで買ったお昼を食べた。そしたら

目の前にケムシが落ちてきた!!!

びっくりして払いのけ、

暫くするとまた落ちてきた!!!!

ギャー!!!

そして、次から次へとケムシが降ってくる。10匹位は落ちてきた!!!

もう鳥肌もの!!!!

その場から脱出しても、暫くは服に付いてるんじゃないかって気が気じゃなかった。

そんなこんなで、高麗山から湘南平へ行き、そして大磯駅に戻ってきた。

結局、途中で迷ったり、休憩したりで、所要時間は4時間だった。

天気が良く、自然を満喫できて楽しかったけど、

ケムシ攻撃には参った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

白寿のお祝い

北海道に住んでいるおばあちゃん

99歳のお誕生日おめでとうございます!!

お体を大切にして、まだまだ元気でいて下さい。

おばあちゃんはとても優しい表情をする。
とても可愛いおばあちゃんだ。
人の心は表情に表れるっていうから、私が年をとっても、おばあちゃんみたいに穏やかな表情ができる様になりたい。
長い年月を重ねて、表情は作られるものだから、私もちっぽけな事には拘らず、心を豊かにして生活していきたいと思う(願望)。

  • 白寿の語源、由来
    「百」の字の「一」を取ると、「白」になることから、99歳をいうようになった。
  • 白寿の祝い方
    基本的に「還暦」と同じだが、赤色が白色のものとなる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »