« お迎え | トップページ | ヒルトン小田原 »

2006年8月12日 (土)

ドリアン

タイはフルーツの宝庫。

乾季の後半から雨季にかけて一番フルーツが出まわる季節で、味も良く、値段も安い時期になるらしい。

今回のプーケット旅行は全朝食付きのビュッフェスタイルで、新鮮なフルーツを毎朝食べることが出来た。

  • パイナップル
  • パパイヤ
  • マンゴスチン(フルーツの女王)
  • マンゴー
  • ランブータン(赤くてモジャモジャの皮を剥いて白く透明がかった実を食べる)
  • スイカ
  • ラーンサット(薄黄色と薄茶色の皮で、ブドウのように房になっているもの。ライチのようなプリプリした半透明の実)
  • サラ(松かさのようにとげのある皮がびっしりとついた果物で、中の実は甘酸っぱい)

など等・・・

日本ではなかなか食べることができないフルーツを毎日食べることができて、贅沢な旅行だった。特にタイ産のランブータンは日本への“生”の輸入が禁止されているらしく、タイでなければ味わうことができない。日本で売っているタイ産のランブータンは一度フローズン(冷凍)して輸入されているものだから、生のランブータンはタイじゃないと食べることが出来ない。

いろいろなフルーツを毎日食べたけど、フルーツの王様ドリアンだけはホテルでは食べることが出来なかった。

せっかくのタイ旅行だし、ドリアンも食べてみたい!!

スーパーのフルーツ売り場で

見つけました!ドリアン!!

パック売りされているものを買って、ホテルへ持ち帰って食べてみた。

すごい臭い・・・確かにキツイ・・

想像していた臭いとは違うけど、鼻につく強烈な臭い・・

肉質は生クリームに似ていて、かすかにデンプン質があり、甘みがある。

これがフルーツの王様??そんなに美味しいものには感じられなかったけど・・。

部屋中すごい臭いになっちゃって焦った・・・。

ホテルの人もドリアンの臭いに気付いたらしく、翌朝ホテルの日本人スタッフにこっぴどく叱られ、厳重注意されちゃった!!

ドリアンの臭いは強烈だから、他のお客様の迷惑になるし、部屋についた臭いはなかなか消えない。だからホテルへの持込は禁止しているとのこと。

そんなこと言われたって・・知らなかったもん。しょうがないじゃん・・

日本に戻ってきてから、インターネットでドリアンについて調べていたら、ホテルへの持込を禁止していることが多く、機内への持ち込みも禁止されているとのこと。

そんなこととは知らずに、ホテルにドリアンを持ち込んで食べてしまった。

常識で考えれば分かる事なのかも知れないけど、ドリアンを食べるのも、臭いを嗅ぐのも初めてだったから、周りに迷惑をかけてしまうなんて考えは一切思い浮かばずに、ホテルへ持ち込んでしまった。

悪気はなかったんだけど・・・

常識を知らないって怖い。これでまた、常識知らずの日本人って思われちゃったかな・・。

本当に悪気はなかったんです!!ゴメンナサイ・・・。

ドリアンを食べる時は場所を選びましょう!←経験談(笑)


« お迎え | トップページ | ヒルトン小田原 »

コメント

ドリアン事件大変でしたね。貴重な体験が出来たお陰で国際人としての常識をまたひとつゲット出来てよかった良かった。
何事も「経験に学ぶ」ことが大切ですから・・・。

投稿: vabimari | 2006年8月13日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525594/42756944

この記事へのトラックバック一覧です: ドリアン:

« お迎え | トップページ | ヒルトン小田原 »